マーケティングとプロモーション

ミュージックのメタデータ

ミュージックのメタデータとは

オーディオにとって、常に欠かせないのが「メタデータ」の存在です。レコード、カセット、CDなど物理メディアを例に挙げると、ファンたちはライナーノーツや歌詞カードを見ることで、レコーディングの様子や制作方針といった情報に触れることができます。

メタデータとは、曲、アルバム、アーティストに関する情報を指す専門用語と捉えることができます。

メタデータの重要性

オーディエンスを増やしファン層を広げるためには、ミュージックのメタデータ作成は必要不可欠です。ウェブ、Apple Music、iTunes Store、その他のプラットフォームで国内外のリスナーがミュージックを見つけるためには、メタデータによる適切な情報提供が鍵となります。

以下のメタデータの役割をそれぞれ認識いただくと、ミュージックがどのようにリスナーの目に触れるかをより深く理解していただけます。

  • 一般情報の説明:アーティスト名(プライマリ/フィーチャリング)、曲のタイトル、リリース日、トラック数などの全般的なメタデータ。曲やアルバムをライブラリやプレイリストに追加するために使用します。
  • 演奏権関連:ミュージックの制作に携わったスタッフのクレジット。氏名と仕事内容を明確にすることで、メディアでの露出などによりミュージックのマーケットが成長した場合に新しいプロジェクトの機会が増える可能性があります。
  • 二次情報:ムードやジャンルなどの情報。リスナーのエクスペリエンスを高めるこれらの要素は新しいミュージックを見つける方法として定着しつつあります。キュレーションされたプレイリストの人気が高まっていることからも、SiriやShazamなどの高度な技術やアルゴリズムを使って時々の気分や調子にあったミュージックを探すリスナーが増えていることがわかります。

確認事項

メタデータに問題が発生するとリリースやプロモーションの妨げになる可能性があります。以下3点にご留意ください。

  • ガイドラインを確認する。ミュージックが適切に表示されるためのベストプラクティスとして、ガイドラインを定期的に確認し、レーベルや流通会社への委託の前提として最新のフォーマットとスタイル要件を順守してください。
  • 正確なメタデータを作成する。曲とアルバムのタイトル、アーティストやその他スタッフの名前、リリース日が正確であることを確認します。誤りがある場合は、レーベルや流通会社を通してApple Musicに正しいデータを送信してください。
  • 余分な情報を追加しない。ジャンルやムードなどの二次的情報は簡潔に表現します。複数のカテゴリで表示することを目的に当てはまらないジャンルを選択するなど、余分な情報を追加しないでください。