Apple Musicの先行追加

忙しい日々の中で待望のリリースを聴き逃してしまう現状からファンたちを解放します。望まれているのは、時間や場所的条件に縛られない方法です。

Apple Musicの先行追加は、タップするだけでリリース前のミュージックをライブラリやプレイリストに追加することができ、聴き逃しを防ぐことができます。先行追加をするとアルバムの配信開始直後に通知が届き、すぐにストリーミングや共有が可能になります。

この設定管理は、レーベルと契約している場合はサービス内容に含まれる場合が多く、独立アーティストは利用する流通会社と共同で曲がApple Music指定の仕様に従っていることを確認し、設定を行います。

iPhone displays a pre-add example of Pop artist Griff's One Foot In Front Of The Other album.



話題性を作り上げる

先行情報によって期待が高まるファン心理をよく理解しましょう。ジャンルに関わらず多くのアーティストが記録的な数字を獲得しています。音楽のスタイルやファン層の規模に関わらず、先行追加でファンの興味を刺激することができます。

熱心なファンや将来的なリスナー予備軍の注意を引くだけでなく、正式なリリース前に収益を生み出す方法としてもお使いください。先行追加を利用したApple Musicのリリースは、利用しないケースに比べ再生回数が格段に増加することがわかっています。リリース週においては先行追加のアルバムを複数回聴くリスナーの数も増加します。

先行追加と合わせて曲やリスナーのトレンドを確認することで、プロモーション、プレスリリース、限定グッズ、ツアー情報などの発表時期をアルバムリリースと同時に行って効果を最大化することができます。

次回リリースに先行追加を

ファン層の規模に関わらず、Apple Musicの先行追加の利用はアーティストとオーディエンス双方に利益のある選択です。ファンとより親密な関係を築き、新しいリスナーを開拓するきっかけもなります。レーベルや流通会社と協力して次のリリースに先行追加を使った結果をアナリティクスで分析し、成功を掴みましょう。