歌詞

歌詞のガイドラインを確認する

歌詞は、曲を生み出す過程で最も重要な要素とも言われています。 

DJとオーディエンスのかけ合いや、結婚式での誓いの言葉の引用、そしてソーシャルメディアでは気の利いたキャプションとしても使われます。歌詞は、人々と音楽をつなげる大切な一部と言えるでしょう。リスナーが耳と目を使ってコンテンツを多面的に鑑賞するスタイルを踏まえ、ボーカルの主要部分は、すべてオーディオと正確に一致する歌詞を提出してください。

コンテンツのブランドイメージと歌詞を正しく提示する目的で、Appleが歌詞のフォーマットを変更する可能性があります。

一般的なフォーマット

歌詞のフォーマットと構成は、曲の構成と合致させてください。歌詞を文字に起こすときは、区分ごとに間隔を空け、一曲の中でも行やセクションを分けることを心がけてください。スペースはすべて単一で表記します。ダブルスペースを使用すると節(スタンザ)として分離することになります。

行やセクションの切れ目を挿入する適切な位置がわからない場合、以下の一般的な挿入位置を参考にしてください。

  • コーラス(サビ)、ヴァース(Aメロ)、イントロ、ブリッジ(Bメロ)、フックのように明確な区別がある
  • 曲のテンポが変わる
  • アーティストの表現方法が変わる(歌唱からラップに変わるなど)

大文字の使用

歌詞の大文字/小文字の区別は、一般的な文法ルールに従います。固有名詞は大文字を使用して表記し、各行の最初の文字は大文字にしてください。

以下は、大文字を使用する単語の例です。

  • 神格や宗教的に意味のある表記(宗教的な曲における「God」「You」「Him」「Your」)
  • 頭文字語(「NASA」「FBI」)
  • 地域名(「East Coast」「Southside」)
  • タイトルの大文字/小文字
  • 括弧内の最初の単語の最初の文字
  • ブランド名

句読点と記号

歌詞の行の末尾にはピリオドやコンマを置かないでください。句読点の記号類で行末に置けるものは、感嘆符、疑問符、引用符のみとなりますので、必要に応じて使用してください。行の途中での使用については、一般的な文法に従ってください。

  • ハイフン:単語の抜け落ち、スペルアウト、頭字語(「L-Y-R-I-C-S」など)
  • 括弧:バックグラウンドボーカルは必ず括弧でくくり、頭文字を大文字にし、行末に記載します。
  • アポストロフィ:特定のスラングや契約上合意している変更表記(「Ferrari」を「‘Rari」とするなど)

行の繰り返し

歌詞はオーディオに合致させるので、繰り返しの行は省略せずに書き出します。

正:
Until you respect me and my dogs
I’ll keep barking up the wrong tree
I’ll keep barking up the wrong tree
I’ll keep barking up the wrong tree
I’ll keep barking up the wrong tree

誤:
Until you respect me and my dogs
I’ll keep barking up the wrong tree
(Repeat x3)

スポークン・ワード(口詞)

曲中のスポークン・ワードや会話形式の内容は、歌詞に書き出さないでください。

言葉ではないボーカル音声

言葉ではないボーカル音声は、曲の内容に対して語りや文体として機能している場合にのみ、控えめに書き出します。

即興のスキャットは演奏の一部とし、書き起こしの対象ではありません。

歌詞の一部ではない音声、または言葉ではないハーモニーとしてのボーカル音声は、書き起こしの対象です。

例えば、「ooh」「ah」「whoa」や、「ブーブー」「ウィーン」などの擬音語です。

コンピュータで生成したサウンドエフェクト(ドアの閉まる音、車のクラクション、電話の呼び出し音など)を歌詞に含めないでください。

「Clean」と「Explicit」の歌詞

「Clean」という用語の使用は、同トラックの対応する「Explicit」バージョンが存在する場合のみ有効です。Cleanの歌詞では、伏字や編集した内容を、アスタリスクで表記します。

トラックがExplicitの場合、露骨な表現はオーディオで聞こえる通りすべて書き出します。

オーディオ: 「I’m the motherfucking man」
歌詞:I’m the motherfucking man

オーディオの一部または全部を伏せた単語は、単語全体をアスタリスクで表記します。

オーディオ: 「I’m the mother (ビープ音) man」
歌詞:I’m the **** man

オーディオ: 「I’m the (ビープ音) man」
歌詞:I’m the **** man

タイムシンク

歌詞のタイムシンク機能は、Appleの編集裁量によって実装されます。