アナリティクス

Shazamを有効活用する

ShazamはApple Music for Artistsファミリーに加わりました

Shazamのデータを使って、新しいファン層を開拓する機会を活かしましょう。

世界各地のリスナーの検索動向を捉えることで、ソーシャルメディアの活用、プロモーション、ライブコンサートなどを通したオーディエンスとのつながり方を構想し、ファン層を広げることができます。

Shazamデータを閲覧する

曲がShazamされると、データがApple Music for Artistsのアーティストプロフィールに取り込まれます。

「概要」セクションでは、「Shazamインサイト」や「Shazam回数」といったキーとなるメトリックスを確認できます。

「トレンド」ではShazamを介したリスナーの詳細なデモグラフィックを表示し、「場所」では特にShazamされている国や地域を表示します。

Shazamチャート

トラックのShazam回数が、国や地域または都市など特定の場所でチャート入りした場合、アーティストプロフィールにShazamチャートが表示されます。データは24時間ごとに更新され、特定の場所での過去7日間の順位やチャート内推移を表示します。

曲を指定すると、その曲がランクインする場所ごとのチャートを確認することができます。特によく聴かれている曲のトップチャートを表示するには、ミュージックの概要にある「Shazamチャート」で「すべて見る」をクリックします。

Shazamトレンド

ミュージックがShazamでトレンド入りした場合、週間のハイライトをまとめたメールを送信します。メールの詳細については、メール受信の管理を参照してください。

Shazam回数は、どのような条件でカウントされますか?

曲がShazamされる度に、Apple Music for Artistsのプロフィール上にShazam回数としてカウントが加算されます。

オーディオの一部分を聴いて曲を認識するというShazamの性質上、分析対象の部分が同じ曲の別バージョンの一部と一致する可能性があります。オリジナルバージョンとリミックスバージョンにおいて、オーディオに全く同じ部分が含まれる場合などが該当します。Shazamのカウントは、もっとも合致すると判断されたバージョンに加算されます。これにより、同じトラックの別バージョンでShazam回数にばらつきが見られることがあります。

Apple Music for ArtistsとShazam Appに表示されるShazamデータは、個別のシステムとスケジュールで処理されているため、両者を比較するとデータに相違が見られる場合があります。