アカウント

Apple Musicでミュージックを配信する

リリースの準備はできましたか?

マスターピースを生み出したら、世界と共有しましょう。Apple Musicをはじめとするストリーミングプラットフォームで音楽を配信する方法は、通常以下の2通りです。

レーベルに所属する:レーベルがミュージックのデリバリを代行し、アーティストのニーズに対応した配信を行います。

独立して活動する:ツールとリソースを備えたApple推薦の流通会社と直接パートナー契約を結ぶ必要があります。

ミュージックの配信流通

音楽業界における配信流通の役割は非常に重要です。流通会社が担うのは、コンテンツ、データ、収益の効率的な取引で、ストリーミングサービス、ダウンロードストア、何百万ものアーティストの間で円滑なやりとりが行われるおかげで、音楽がファンの元に届けられます。アーティストは流通会社のサービスを利用することで、業界の時に複雑なビジネス面のサポートを受け、創作活動の妨げになるのを防ぐことができます。

デジタルの配信流通を行うパートナーと、Apple Musicをはじめとするストアやストリーミングサービスとの取引や運営管理は、主に以下の3つの分野に分かれます。

流通会社の多くは、上記に加え演奏権などの著作権管理、プロモーション、歌詞の提出、メタデータの翻訳などにも対応しており、さらにミュージックビデオやコンサートフィルムといったミュージック以外のコンテンツのデリバリをサポートする場合もあります。これらのサービスがアーティストとしての成長にプラスになるとお考えの場合は、Apple推薦の流通会社のリストを参照して、ニーズに合った配信パートナーを見つけてください。

さらに特筆すべきは、Apple Musicやその他のデジタルプラットフォームへの配信において問題が生じた場合、流通会社がアーティストに代わり問題に対処し、コンテンツの品質を常に管理していることです。

Apple推薦の流通会社を見つける